お水の豆知識

みなさんはじめまして。

私は、恵ウォーターの「大橋(おおはし)」と申します。みなさんが知ってそうで知らない「水」のことをアクアアドバイザーの知見から判り易くご説明します。

まだまだ若輩者ではございますが、皆様のご期待に添うよう、いっそうの努力を重ねてまいる所存でございます。

アクアアドバイザーとは?

ミネラルウォーターに関する様々な知識・価値・科学的根拠に裏付けされた正しい情報を提供し、新しい豊かな生活の創造に貢献することができる人材。 詳しくはコチラ→

第1回 軟水と硬水の違いって何?

水にも「硬水」と「軟水」の違いがあることはみなさん耳にしたことがあると思います。ですが、その違いって何なのでしょうか? 一般に、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの含有量が多いものを「硬水」、少ないものを「軟水」と呼んでいます。 「硬水」は、タンニンやカフェインが溶解しづらく食物繊維も硬くさせる性質もありますので、煮炊き料理や、コーヒー・紅茶を入れるのには適さないようです。 また、石鹸の泡立ちが悪いので洗濯や入浴にも不向きです。 一方「軟水(恵ウォーターの水)」は、ミネラルが少ない分、口当たりも良く、素材の味を損なわないということから、飲料水・出汁・煮炊き料理・お茶・コーヒー・紅茶を入れるのに適しているといわれています。 ちなみに、日本は「軟水」が多く、ヨーロッパなどは主に「硬水」が多いという話も聞きますが、日本は古くから出汁文化であり、和食といえば煮炊き料理が中心というのも良質の「軟水」のおかげかもしれませんね。

第2回に続く・・・